読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和の末裔、平成を呟く

ギリギリの昭和生まれ、淡々と呟く

これは明日への投資

2月をすっ飛ばして3月。

暖かくなったような気もするけどそうでもないような。

 

最近変わったことというと、禁酒を始めました。

そもそも家で一滴も飲まないんですけど、もう外でもしばらく飲まないことを決めました。

というのも、もともと酒に強くない僕でしたがここ半年ほどビール1,2杯ですっかり酔っぱらうような軟弱ものになってしまい、

また酔った後テンションが無駄に上がり、一緒に飲む人だけでなく周囲の人間にまでご迷惑をおかけする始末、

我ながら非常に情けなく感じて禁酒を決めました。

酔って帰宅した後の頭痛吐き気もちょっとやばかったので…

今後は酔わなくても冴えたトークができることを目標にソフトドリンクをたしなんでいきたいと思います。

 

 

先日でブログを始めて1年になりました。

ふと全部の記事を読み返しましたが、毎回だいたい同じことばっかり言ってるから

ほんとにいつも同じ事ばかり考えてんだろうなぁと。

1年で変わったことといえば髪の毛が薄くなったことくらいでしょうか。

だいたいが自分のダメさをうだうだと語ってる内容なんですけど、

そもそもfacebookとかブログとかであーだこーだ語ってる時点で女々しくてもうだめなのでは???

と思うんですけど、

もう結婚したいとかモテたいとかないから…

僕が普段そのようなことを言うのはサッカー日本代表が「自分たちのサッカーがしたい」って言うのと同じようなもの、もはや定型文なだけだから…

ほんとにモテたかったらSNSに折り紙の写真をアップしたりはしない、

もっとモテそうな写真をアップするから…

自分の好きなように生きたい結果としてモテない

俺はそういう人間だから(ビックダディ並みの感想)

 

 

自分で見ても不安定で何言ってんだこいつってなるんですけど、

僕は 全部、言っちゃうね なんて

そういう恐れはないのでご安心ください。

マルチ商法にて出してたら殴ってでも止めてとかfacebookで言うてますけど

僕はやりません。僕はね。

やってる人周りで見るけどね。止めないけどね。

 

 

成功の秘訣知りたくない?じゃねーよ。

そんなひな祭り。

鳥あえず

遅くなりましたが、一応このブログは今年初なので、

あけましておめでとうございます。

今年も月一を目途に頑張っていきますので応援うよろしくお願いします。

 

繰り返しになりますが、このブログはFacebookで写真無し長文で投稿をすると

読んでもらえないうえに怒られるので、

僕の長文を読んでくれる奇特な存在のために分けておりますが、

基本的には内容はあってないようなものなので一つよろしくお願いします。

 

 

2017年になりました、というのか、なってしまいましたというのか。

高校を卒業したのが2007年3月ですので、もうすぐ卒業してから丸10年ということになります。

結構過去のことを覚えているタイプなので、この10年本当にあっという間に過ぎた気がして、

38歳もあっという間なんだろうなぁと思うと吐き気がしますね。

 

昨年末、とある方とこんな話題で盛り上がりました。

「世の中には一定数、ダメ男好きの女性が存在する。

なぜその界隈に僕は目をつけられないのか」

 

まぁトークテーマからしてもうすでに残念なんですけども

結果的に導き出された仮説が、

 

「世の"ダメ男好きの女性"は、一見ダメそうな男、

しかし時々見せる良い部分、男らしさに魅かれ、

この人のダメな部分は私が助けてあげなければ…!

と感じさせるような、母性本能をくすぐるような状況に心躍らせるのではないか」

 

「一方おまえはその真逆だ。

一見普通に見える。無職というわけでもない、スポーツをしている、

ネタにするほど面白い顔でもない、クソチビでもクソデブでもない。

が、いざ人間付き合いをしてみると、

酒癖は悪い、男らしさのかけらもない、シンプルにかっこよくない。

ときめく要素が見当たらない」

 

『ダメ男だけどいいところもある』は需要があり、

『一見普通そうに見えて結局ダメ男』には需要がない。

 

 

と、こうなりました。

今どきのネットスラングで言うと

 ぐう正論

ぐうの音も出ない正論でございます。

これを踏まえて2017年はどうしたらいいのかを

しっかりと考えていきたいと思います。

まぁようするに現状どうしたらいいのかわかってないってわけなんですけどね。

 

書いてて思ったんですけど、

たぶん僕は各方面に、年上の人は苦手で年下の人間と生きていきたい

みたいなことを言うてるんですけど、

上の話を踏まえていくならば、

僕は年上の方とかかわっていくべきでは?と思いました。石田ゆり子とか。

というわけで2017年は年上の方とも積極的に交流していきたいと思います。石田ゆり子とか。

 

バブって言うほどガキやない。定年迎えるほどオッサンでもない。

28歳ど真ん中、走らせてもろてます。

 

 

 

 

たぶん前にも言ったかもしれませんが、

寝るときにお笑い芸人のネタを耳元で流しながら寝てるんです。

アキナ面白いですね。

以前はバイきんぐにはまりすぎて、

テレビで小峠の突っ込みを聞くと眠くなるという珍現象が起こってたんですが

最近はナイツの漫才を聴いたり、三四郎だったり、銀シャリだったり。

 

やっぱり面白いってのはいいですね。

僕も常日頃から面白くなりたいと思ってるんですけど、

僕が面白いのは酔っぱらって記憶を失ってる時だけだそうなので、

もう少しyoutubeでお笑い芸人のトークの勉強をしていきたいと思います。

小峠みたいになりたいです。

でも元カノがAVに出るのだけは勘弁してほしいなと思います。

 

 

10年前にテレビで若手芸人が言っていた

「AV女優が彼女になるのと、彼女がAV女優になるのは

全然違いますからね!!!」

というネタの重みが最近よくわかりました。

 

 

おしまい

子どもは平気で噓をつく。

近年の夏から冬への移行ペースに順応できない僕ですが

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

10年ほど前に諸先輩方がよく言っていました。

「彼女がいる時のほうがモテるぞ

人間がっつかずに落ち着いてる時のほうが

不思議とモテるもんやで」

 

僕はその時へー…なるほどなぁ

なんて思いながら過ごしてたんですが

最近になって周りに既婚者が増えてきて

彼らの落ち着きや大人っぷりを見るたびに

まぁ確かにそうかもしれん、と実感するわけです。

 

ちなみにこの説に則って考えたら

彼女いないやつはモテることはないということで、

そうなると現行で彼女いない人々は今後どうすべきなんでしょうか。

永久機関を考える世の科学者諸兄には

何かしらのヒントになるんではないでしょうか。

 

 

 

話は変わりますが

僕も人間なので、日々正直に生きていたいなぁと思っているわけです。

表題通り子どもたちはよく可愛らしい嘘をつきますが、

なるべく嘘なく育ってほしいものです。

 

といったものの先日さっそく嘘をついたんですけど

「飲み会で酔っぱらいすぎたので、今後は飲み会ではコーラを飲むことにします!」

と言ったんですけど、

嘘です!ビール飲みます。

なんなら4日後に飲みます。

 

若いころ、というか今も

自分より年上の人間が飲み屋で酔っぱらってるのを見ると

みっともねぇなぁって思うんです。

逆に言えば自分の年下の友人たちも僕が酔っ払ってるのを見て

気持ち悪いと思ってるでしょうから

ほんとに態度を改めなければと思うわけです。

 

立場上

「いや、面白かったですよ!」と

気を使って言うてくれますが

さすがにこんなことを続けていいわけもないので

年相応に落ち着きたいと思います。

こう見えてあのだらしない酔い方は結構へこみました。。。

 

 

しかし最近勇気づけられたこともあるんです!

というのも最近流行ってる某ドラマ

僕はあの主題歌歌って主演してる俳優をかっこいいなどとみじんも思わずむしろブサイク寄りだと思ってるんですが、

あんな人でもガッキーとイチャコラできるんだと思えば

生きる勇気というのも少しわいてくるんではないでしょうか!

ファンには殺されるかもしれませんがブサイク仲間として今後も応援したいと思っています。

頑張れ星なんとかさん。

 

 

来年のことを言うと鬼が笑うと申しますが

まず人に笑われないように胸を張って生きたい次第です。

 

最後になりましたがこのブログの今年の投稿はこれが最後になります。

もともとfacebookで長々語りすぎて非常に迷惑だという意見をいただいて

別場所に誘導しただけのものなんですけど、

おかげでほぼ誰も見てないとはいえ

自己顕示欲を満たすためのものとしては十分活躍していただきました。

今後も見てる人が0でも僕のために頑張って書き連ねていきたいと思います。

 

それではよいお年を!

 

忘年会の予約のシーズン到来

すっかり忘れてました、月一です。

秋をすっ飛ばして急に冬が来た感のある11月をいかがお過ごしでしょうか。

 

 昨日テレビをつけるとすごく面白い番組がありまして、

というのも、日本の箱根の「寄木細工」に憧れ独学で

続けてきたアメリカ人が初めて日本に来てその職人技に触れるという趣旨の番組で

 

我々でさえも寄木細工の職人技を見てえらく感動するわけですから、

憧れを抱いて来日した異国の方がそれを目の当たりにして感動しないわけがないんです。

なんせまぁうちの家族もそれを見て心躍らせ、

やれ来年は箱根に旅行に行きたいなぁなどと会話に花を咲かせるわけです。

 

 

 

憧れというのは何かを始めるのにうってつけで

中学生時代にマット・ハーディに憧れて外出時にはなぜかキャップをかぶったり、

ロベルト・バッジョに憧れて襟足を伸ばし始めた僕としても

憧れって大切だなぁと思うんですけれども、

 

 

大人になってから僕が憧れているのは俳優の「阿部寛」さん

というのも10年ほど前かな、「結婚できない男」というドラマがあって

その中で阿部寛さんはまぁ所謂結婚できない男を演じたわけなんですが

 

その中で阿部寛さんが演じる男性が、

家で一人の時にクラシックを聴きながら牛乳を飲むというシーンがよくあって

まぁそのシーン「結婚できない」変な人間というのを演出してるんですけど

僕はそれがもう無性に面白くて

なんならもう「阿部寛が牛乳を飲んでいる」ってだけですでに面白いのでは…

と思ったわけです。

 

もともと男前な阿部寛さんですから、普通にしていればかっこいいのは当たり前なんですが

牛乳飲むだけで面白いってのは、関西人的な発想で言えば「ズルい」って感じです。

 

 

まぁ何が憧れかといえば、

そのズルい面白さ、馬鹿にする意味ではなく、ただ何か笑ってしまう

そんなズルさに魅かれているわけです。

 

 

最近僕は折り紙を始めて定期的に写真を投稿してるわけですが、

面白いリアクションはなく、やや感心する声と、

シンプルに気持ち悪いとのリアクションが入り混じってるわけです。

ぼかぁ子どもができたら折り紙を教えたいなぁなんて思いますけど、

そんな予定もないのでますます不気味さに拍車がかかっております。

 

 

 

テレビといえば先日元AKBの人が

「女は悩みを聞いてもらうとき、

答えが欲しいんじゃなくて同意だったり応援してほしいだけだから

男は黙ってふんふん頷いとけ」みたいなことを言うてましたが

僕から言わせてもらうと

「男は女の悩みを聞くとき、

答えて解決に導きたいんじゃぁなくて、女の子の相談に乗ってる俺マジ包容力あってかっけーってなりたいだけだから、

女は悩みなんてなくても適当に悩んでるふりしとけ」ってなもんです。

 

ここまで書いて思ったんですけど、これ男性一般論じゃなくて

僕の願望でした。

 

 

 

 

 

阿部寛に憧れ、実現できたのは「結婚できない男」の部分だけ。

そんな中まもなく12月を迎えますが、

クリスマス前後に3連休を持ってきた今年のカレンダーを睨みつけながら

今日も腹筋ワンダーコア。

堪える寒さ、10月

月に1回ペースとはいえ半年以上続いてるわけですから、

ブログも頑張ってるのでは、と思うわけです。

 

こないだまで「いつまで半袖で過ごさなあかんのや」と思っていましたが

あっという間に寒くなり、普通に寒くなって秋なんてすっ飛ばされそうな気さえしています。

寒い日になると何せホットコーヒーがおいしくなるので、

ビールビールだった脳が少しアルコールから解放されそうです。

 

最近何やら週末が楽しくて、

もちろんバレーボールする場所を増やしたというのもあるんですけど

何かしらで会おうとか遊ぼうとか

そんな時期なんでしょうか。

 

着実に30歳までのカウントダウンは始まっていて、

結婚はもちろんのこと、転勤、転職と

周囲の人間の環境が大きく変わりつつある中で

どうしたもんかなと思っている。

ニュースで過労死が話題になったけど、

何かを変えようと思って変えられる人というのはそれだけで

恵まれていると思わなければならない

 

僕ももちろん転職したいし結婚したいし環境は変えなければとは思っているけど

それができるかはわからない。

死ぬくらいなら仕事を辞めればというが、仕事を辞める判断ができる状態であれば、というわけである。

 

脳が健康なうちにあれこれ考えないとなーと思うわけです。

僕はそもそも人間性に難もあるしそもそも誰かに好かれるタイプの人間ではないので、

今のうちに、より強く今のうちに、と思わざるを得ない。

 

 

びっくりするくらい具体性のない話で申し訳ないんですが、

まぁなんせ30が近いのでいろいろ考えてしまうわけです。

最近腹筋を始めていて、体も締まりしっかり痩せてシュッとしてきたので

今までは考えたこともなかったのですが、なんせまぁ結婚したいので、

少しでもかっこよく、少しでもこましに生きていかないとと思っています。

 

まぁ平たく言えばモテたいと。

 

 

 

というわけで今日もサッカーを見ながら腹筋を続けるわけです。

あれよあれよと、を呟く

台風が来るたびに少しずつ涼しくなっていく、

そんな感じではないでしょうか。

夏休みだーと思っているうちに次はハロウィンのシーズンですから、

時間がたつのは本当にあっという間のようです。

もう2016年もあと1/3です、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

先日、母が

「お前が初任給で買ってくれた夫婦茶碗を割ってしまった」と

ひどく落ち込んでいたと。

初任給でプレゼントをした記憶が欠落していたので???となったんですが、言われて思い出しました。

初任給では何かプレゼントするもの!という世間の風潮というのか時代というのか、

そういったものに押されて難波に買い物に行ったのを思い出しました。

どんなものを買ったか正直あまり覚えていなかったんですが、

割ってひどく落ち込むくらい、あぁ気にしていてくれたのかなぁと思うと、

割れてしまったというのにむしろ嬉しい気持ちになりました。

 

プレゼントというものは往々にして贈った人よりももらった人のほうが良く覚えているもので、

実は僕が家でお箸立て使っているコップも、

実は中学生の頃に、交際相手でも何でもない、

むしろ仲が良かったかどうかさえ分からないレベルの女の子からいただいたトーマスのコップなんですが

まぁ間違いなくくれた本人は覚えていないでしょうし、

ましてや13年前にもらったコップが、引っ越しを3回繰り返した家で今も使われてるなんて思いもよらないでしょう。

 

そんなこともあるので、僕は小さい子どもたちからもらった折り紙とか似顔絵ですら大事に保存しています。

何年何十年あとにあんなことあったなぁってなるといいんですけどね。

 

逆に考えると僕があげた何かしらも今もどこかで生きているのかなぁと思うと

不思議な気持ちになるんですが何にせよあげた側はやっぱり覚えていないので

何かしらいいことあればなぁ、くらいに思っておきます。

 

 

楽しい過去もいいですが、美化されない現実とも向き合っていかないといけません。

今年の残り1/3、何かしら自分の人生へのプレゼントとなるような出来事はあるでしょうか。

今のところはポケモンの新作を予約したくらいでしょうか。

 

 

また何かいい報告ができたら、そんな具合です。

よそ行き、を呟く

窓を開けて聞こえてくるセミの鳴き声を聞いて、

椎名林檎を思い出す世代ではないでしょうか。少なくとも僕はそうです。

 

大人でもよそ行きの自分と素の自分があるんだから、

それはモチロン子どもにもあるんだよってのを長々と語ろうとしたんだけど、

うまくまとめれないので悶々としている。

ただ言いたいのは、

世の親たちは、子どもには、家の中ではやんちゃにさせてやれと。

家でいい子にしなければならないストレスは半端ないからな。

大人でも「家の中では会社にいる時と同じようにふるまえ」って言われたら

ハゲるでしょう。

 

僕は常々そう思うよ。

言うこときかないからしつけの一環で~なんて言う奴は本当に

もっと勉強したほうがいい。どうしても言うこと聞かないと気が済まないなら

モンスターファームっていう

プレイステーションのゲームでもやっときなさい。

 

とまぁ、既婚でもなければこどももいない

ましてやその道のプロでもない僕が言うのもあれですが、

実感としてほんとにこんな事が多いなと思ってるわけです。

 

 

 

閑話休題

世間はお盆です。

やっぱりこの時期休みになる方々が多いので、

なんだかんだと1年で1番遊べるのではないでしょうか。

本音を言えば、プールに行くとか、BBQをするとか

そんな夏であればなお良いのではと思ったりもしますが

贅沢を言うこともなく、日々過ごすわけです。

 

さらには今年は夏季オリンピックとも重なり

高校野球も含め、まぁ遊べなくとも飽きることなく夏を過ごせるのも

またいいのではないでしょうか。

本当に、秋以降に揺れ戻しで退屈な日々が始まるのが怖い気がしています。

 

 

先日大学のサークルの同期会があり、その翌日には高校バレー部の同期会もあり

もうかれこれ付き合いの長い友人たちの話、現状等を聞いて

励みにもなれば懐かしくもあり、負けじと頑張らなければなぁ…と思います。

本当に幸せを感じた、2日間だった。

 

 

そんな中で、こんな歌詞の歌があります。

 

一瞬の世界の美しさに騙されて 僕ら息を吸う

そして今日も誰かの嘘が 闇を照らして夢を見させる

一瞬の世界の美しさに騙されて 僕ら生きてく

一瞬の世界の醜ささえ 越えて行けるそんな気がした

一瞬の世界の美しさに騙されて 君と歩きたいのです

 

 

 

楽しかった二日間も今思えば一瞬で

なんなら日常は大変なことのほうが多いんだけど

でも一瞬の世界に騙されるためになんとか頑張るしかないなと

 

iPhoneからこれが流れて、心に刺さったなぁ。

 

きのこ帝国「フェイクワールドワンダーランド」でした。

 

 

8月はこれで終わります。

今年も残り1/3ですね。